未分類

2017年11月8日

息子が去年生まれました!なので長く使ってく

息子が去年生まれました!なので、長く使ってくれるような実印をプレザントしたいと見ています。

ずっと使えるように、かけたり、割れたりしない丈夫さがあってで風格があるもの。しかし、そういう印鑑は高価なんです。でも何年も使って貰うためには、少しでも品質の良いものを贈ってあげたい。

そしてその実印を使って、はじめての預金口座をつくりコツコツとお金を預けて、成人を迎えるときに渡してやりたいのです。そうすると、象牙がいいのでしょうか実印は大きい物になるはずです。
だからか、ほんとに値段がしますね。印材の種類によって値段はさまざまですが、一般的には5千円~1万円の値段が売れ筋のようです。長く使う実印には、ある程度の値段の印鑑を選んでいるのでしょう。きちんとした実印をハンコのお店に行って購入しようかと思ったのですが、ネットで値段を見てみるとすごくお安く売って いると驚きました。

手彫りで作ってくれるので安心できると思い注文しました。

はんこと言えば実印と三文判がありますが、我が家にはなぜか三文判が家族の人数以上にあります。

たしか自分で購入したものは二つだったのですが、それ以降いつの間にか増えていったのです。

ある時は学校の記念品で頂いたり、またある時は兄弟から頂くことがわりとあって増えていきました。

もらったものが多いとは言えそれぞれ使うことがないのですが、だからといって印鑑をゴミにするというのは気が引けます。
こんな印鑑の処分というのは、何か方法があるのかなと思う私でした。

そろそろ身を固めようとした時に母が、下の名前で作ったはんこをプレゼントしてくれました。
象牙が使われており、値段も高かったのではないかと思います。

銀行印として使用していますが、その度にげんきだった母の姿を感謝しながら思い出します。親となった時、名前は親の気持ちがこもった贈り物なんだということも実感し、さらにその思い出ある印鑑が大事に思っています。
おこちゃまが成長したら、心をこめて印鑑を贈呈したいと思います。

印鑑屋で銀行印って使用していたのがわからなくなり、使用したいときは、手持ちの印鑑を窓口に全部持っていくという、どろくさい方法をしていましたが、大事な書類に押印する機会があり、せっかくの機会なので氏名を入れ質の良いハンコを頼向ことにしました。

結婚する前はよく聞く名字だったので、急に印鑑が必要になってもお店があれば置いてある姓なので、困ったことはありませんでした。結婚後の姓は変わっていて、どこに行っても印鑑が売ってない…。

夫の親族以外でこの姓の人に出会ったことがないくらい珍しい名字で、お店で注文して作っ立ときにもうけ取ってみてみると間違っていたことがあっ立と夫が笑っていました。

そんな変わった姓なので、結婚してから義母が私にちょっと立派な印鑑セットを届けてくれました。
ありがたく使わせていただいています。
実印の存在は何らかの証明であったり、契約を交わすために大切な品です。
ですので、長く使えるような素材の実印を持っていたい、ほとんどの人が思うでしょう。
ずっと使える印鑑の材料となるひとつは金属のチタンです。チタン金属ですが安定しており、その安定性は金にもあたいするぐらいで、印材が木のものにくらべて段違いに安定感があります。印鑑の中で実印を買おうかと思っている人は新生活が近づいてくる時期に特に増加してきます。実印の値段というと、実にピンからキリまでです。

安くていいなら1000円以下で買うことができるし、高価なものを見れば10万円以上というものもあります。

大事な時に使用するものなのでそこそこの値段は納得して買っている人が多いようです。
商店街にあるはんこ屋さんで必要な時に印鑑を購入していたのですが、この頃は私でも簡単に買えるのでサイトをみて印鑑を買うようになりました。ネットは沢山の印鑑がうられているので印鑑屋さんに行って検討するよりも自分の好みの印鑑を見つけることが出来るのです。
注文通りにちゃんと苗字や名前を入れてくれるので安心してネットで印鑑を買うことができるはずです。

ハンコ屋さんに出向く面倒も不要だし、ハンコはネットで注文して買う方が多くなりました。
今や印鑑は100円ショップでも買えます。
簡易なものでもよければ、100円の印鑑でも充分だと自分はそう思っています。
しかしながら、残念な事ですが私の名字はポピュラーではないようで、よくある安価な店では販売されていません。
それだけでなく、商店街にある判子屋さんにも置いてないので、注文する事でしか購入できないのです。現代は、ネットで印鑑が手軽に注文できるようになよく読まれてるサイト⇒実印 値段 相場